足がつる こむら返り 高齢者 ふくらはぎ

足がつる(こむら返り)原因と対処・対策・予防法

足がつる(こむら返り)原因はさまざまだ。運動中でも睡眠中であっても、突然やってくる強い痛み。
そこれほど足を酷使してはいないはずなのに、なぜ足がつる?
その原因と対処法と予防法をまとめてご紹介する。
MENU

寝ているとき、足がつることが多いのはなぜだろう?

寝ているときは、足の温度が低下している。加えて布団の重みなどの影響もあり足先は尖足位(せんそくい)という状態になっている。このようなときに、ふくらはぎがつりやすい状態であるという。

 

↑の、尖足位(せんそくい)というのは、爪先で立つように足首が伸びた状態のこと。

 

 

また布団かけずにエアコンつけ放しで寝ていたりすると、足がつることが多い。
寝ているときはふくらはぎの筋肉が収縮している状態になっている。しかもエアコンつけ放しのような状態では足の筋肉が冷える、血管が収縮する、血行が悪くなる。

 

 

こんな時大きく足を動かしたり、寝返りをうったりすると足の筋肉に刺激が加わる。
すると、筋肉が急に収縮するということになる。

 

足がつるということは、ふくらはぎの筋肉が急に収縮して痙攣することだ。いわば筋肉の異常収縮ということになる。
水泳中に足がつることがあるのもうなずける。

 

 

 

足がつる(こむら返り)は筋肉の異常収縮ということだが、そのような状態が起こる理由は何だろうか。

 

@神経や筋肉が刺激を受けやすい状態である場合。

 

A筋肉や腱(けん)が正常に機能しない場合。

 

などが考えられるという。

 

具体的には、急な激しい運動などでの多汗状態、下痢などの脱水症状、熱中症、妊娠中のカルシウム不足、人工透析時などの電解質バランスのくずれなどなどさまざまな原因があるとされている。また肝硬変、腎不全、腰椎の疾

 

、糖尿病などの病気が原因となることもある。下肢静脈瘤になると頻繁に足がつることもあるという。

 

 

足がつる(こむら返り)その原因は?

 

足がつる(こむら返り)原因として考えられることがらをもう一度整理しておく。

 

 

@栄養素不足

 

ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのイオン(電解質)のバランスによって筋肉の細胞が機能している。イオンのアンバランス化が原因となることがある。またビタミンB1、タウリンなどの栄養素の不足により起こることもある。

 

A脱水(水分不足、多量の発汗)

 

水分不足による血行の悪化により、筋肉が収縮して起こる場合。

 

血液の90%は水であると言われている。水分不足によって血液の循環が悪化する。血行が悪くなると、筋肉にも十分な栄養や酸素が行き渡らなくなる。ひいては筋肉の異常収縮が起こりやすい状態となる。つまり足がつりやすい状態になっているということである。

 

 

汗をたくさんかくことでミネラルやビタミンなど栄養素が不足して起こる場合もある。

 

B筋肉の疲労、運動不足

 

運動不足による筋力の低下。通常と異なる筋肉の動かし方、過度の運動などで筋肉に強い刺激を加えることで起こることがある。(ミネラル、ビタミンなど栄養素の不足につながる)

 

 

Cからだの冷え

 

体の冷えにより血行が悪くなる。血流が滞ると正常な筋肉の収縮ではなくなり起こるこ
とがある。

 

Dミネラル(電解質)のバランス
ミネラル(電解質)のバランスの乱れは、こむら返りの原因のひとつだとよく言われることだ。

 

バランスがとれたミネラルは筋肉の動きを良くする。バランスが崩れると筋肉を動かす神経の調整がうまく機能しない。
ミネラルの主なものは、カルシウム・マグネシウム・カリウムなど。

 

 

E過度の飲酒

 

飲酒による利尿作用によって脱水症状をおこし、筋肉の正常な収縮運動がおこなわれなくなる場合。
飲酒による肝臓や胆嚢の機能低下によって、筋肉の正常な収縮運動がおこなわれなくなる場合。

 

 

F病気。薬の副作用

 

神経や筋肉に関連する病気によって、足がつる(こむら返り)が起こりやすくなることがある。

 

糖尿病、肝硬変、動脈硬化、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症、筋萎縮性側索硬化症、関節炎、下肢静脈瘤、など。

 

薬の副作用で起こることもある。

 

G妊娠の場合
妊娠によって様々なことが起きる。母体の栄養が不足。ホルモンのバランスの崩れ。過呼吸で血液がアルカリ性に寄っている。大きくなった子宮によって血管圧迫が起こり血液循環の悪化。足の疲労。などなど妊婦にはこむら返りが起きる誘因がたくさんある。

 

 

 

@からGまで、まとめ風に原因を列挙してみたが、これらは単独ではなく互いに関連した事柄でもある。頻繁にあるいは慢性的に起こるようなら、別の病気の可能性があるかもしれない。早めに医師、医療機関に相談する必要がある。

足がつる(こむら返り)原因として考えられるものは多様である。足がつる(こむら返り)原因として考えられていることがらを整理しておこう。

 

 

@栄養素不足

 

ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのイオン(電解質)のバランスによって筋肉の細胞が機能している。イオンのアンバランス化が原因となることがある。またビタミンB1、タウリンなどの栄養素の不足により起こることもある。

 

A脱水(水分不足、多量の発汗)

 

水分不足による血行の悪化により、筋肉が収縮して起こる場合。

 

血液の90%は水であると言われている。水分不足によって血液の循環が悪化する。血行が悪くなると、筋肉にも十分な栄養や酸素が行き渡らなくなる。ひいては筋肉の異常収縮が起こりやすい状態となる。つまり足がつりやすい状態になっているということである。

 

 

汗をたくさんかくことでミネラルやビタミンなど栄養素が不足して起こる場合もある。

 

B筋肉の疲労、運動不足

 

運動不足による筋力の低下。通常と異なる筋肉の動かし方、過度の運動などで筋肉に強い刺激を加えることで起こることがある。(ミネラル、ビタミンなど栄養素の不足につながる)

 

 

Cからだの冷え

 

体の冷えにより血行が悪くなる。血流が滞ると正常な筋肉の収縮ではなくなり起こるこ
とがある。

 

Dミネラル(電解質)のバランス
ミネラル(電解質)のバランスの乱れは、こむら返りの原因のひとつだとよく言われることだ。

 

バランスがとれたミネラルは筋肉の動きを良くする。バランスが崩れると筋肉を動かす神経の調整がうまく機能しない。
ミネラルの主なものは、カルシウム・マグネシウム・カリウムなど。

 

 

E過度の飲酒

 

飲酒による利尿作用によって脱水症状をおこし、筋肉の正常な収縮運動がおこなわれなくなる場合。
飲酒による肝臓や胆嚢の機能低下によって、筋肉の正常な収縮運動がおこなわれなくなる場合。

 

 

F病気。薬の副作用

 

神経や筋肉に関連する病気によって、足がつる(こむら返り)が起こりやすくなることがある。

 

糖尿病、肝硬変、動脈硬化、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症、筋萎縮性側索硬化症、関節炎、下肢静脈瘤、など。

 

薬の副作用で起こることもある。

 

G妊娠の場合
妊娠によって様々なことが起きる。母体の栄養が不足。ホルモンのバランスの崩れ。過呼吸で血液がアルカリ性に寄っている。大きくなった子宮によって血管圧迫が起こり血液循環の悪化。足の疲労。などなど妊婦にはこむら返りが起きる誘因がたくさんある。

 

 

 

@からGまで、まとめ風に原因を列挙してみたが、これらは単独ではなく互いに関連した事柄でもある。頻繁にあるいは慢性的に起こるようなら、別の病気の可能性があるかもしれない。早めに医師、医療機関に相談する必要がある。