ふくらはぎ 漢字と意味

ふくらはぎ、こむら返り、足がつる。【漢字と意味】

「ふくらはぎ」、「こむら返り」、「足がつる」これらの語の意味語源。「ふくらはぎ」漢字ではどう書くのか。
MENU

ふくらはぎ、こむら返り、足がつる。【漢字と意味】

ふくらはぎ(脹脛)
ひふく(腓腹)
こむら(腓)
つる(攣る)

 

コラム

 

「ふくらはぎ」という語を何気なく使っているが、どういう意味なのか調べてみました。
ふくらはぎ(脹脛)・ひふく(腓腹)・こむら(腓)・つる(攣る)

 

 

ふくら」は「ら(膨ら)」で「まるみを持っていること。また、その部分」と辞書にあります。

 

はぎ」は「足の膝(ひざ)から踝(くるぶし)までの部分。すね

 

「はぎ」も「すね」も同じ部分。漢字も同じく「はぎ」も「すね」も「と書く。

 

ふくらはぎ」の漢字は「脹脛」。つまり、脹ら(膨ら)んだ、脛(すね)

 

 

ふくらはぎ」を辞書で見ると下のように載っています。

 

『ふくらはぎ【膨ら脛/脹ら脛】。脛(すね)の後面の、ふくらんだ部分。こむら。こぶら。小腿(しょうたい)』(goo辞書)

 

の辞書に「ふくらはぎ」の同意語として「こむら」という言葉が載っている。ふくらはぎがつることを「こむら返り」ともいうのはこういうことだったのだと合点。

 

こむら」は平安時代からある語だそうです。語源説はいくつかあります。
ひとつは「瘤(こぶ)」に接尾語「ら」がついて「こぶら」→「こむら」となった説。
もう一つは「小叢(こむら)」説。これは小さな肉のかたまりの意だそうです。

 

 

ふくらはぎの漢字は「脹脛」ですが、医学用語としては「腓腹(ひふく)」という語があります。
腓腹筋や腓腹神経などは聞いたことがあります。ふくらはぎがつる(こむら返り)ことを腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)ともいうそうです。

 

この「腓腹」の「腓」という漢字は「こむら」と読みます。

 

足がつる」は、「足が攣(つ)る」と書く。痙攣(けいれん) の「」です。

 

ここまでを簡単にまとめると、次のごとし。

ふくらはぎの漢字は「脹脛」。脹らんだ脛(すね)という意。
ふくらはぎの別名は「こむら」。漢字は「腓」
ふくらはぎ医学用語では「腓腹(ひふく)」
「足が攣(つ)る」と書く。痙攣(けいれん) の「攣」